プロスカーの抜け毛防止効果で育毛を実現

AGAとして知られる男性型脱毛症に効く治療薬として開発された育毛商品は非常に多くあります。
その中には、プロスカーと呼ばれる治療薬があります。
これは、男性型脱毛症の原因とされる男性ホルモンDHTの生成を妨げる働きを持つ、フィナステリドと呼ばれる成分を主な成分として作り出されたものです。
この治療薬の育毛効果は高く、抜け毛防止の効果があると言われています。

プロスカーは、もともと前立腺肥大を治療するための薬として用いられていました。
しかしその後研究が重ねられた結果、プロスカーの主成分には、頭頂部や生え際などの抜け毛を防止する効果があるということが発見されました。
その後、プロスカーは男性型脱毛症の治療薬として広く用いられるようになってきました。

同じフィナステリドを主成分とする治療薬にプロペシアがあります。
この治療薬も一般に広く用いられていますが、プロスカーとの主な違いは、一錠あたりの含有量であると言われています。
つまり、プロスカーには、プロペシアの何倍もの量のフィナステリドが配合されているため、一錠を何等分かに分けて服用することができるのです。
仮に、一錠をそのまま服用してしまうとすれば、育毛効果をねらった男性型脱毛症治療としては服用量が多すぎてしまいます。
多くの量を服用したからと言って、育毛の効果が上がるわけではなく、かえって逆効果になってしまうことがあるため、十分の注意が必要でしょう。
もちろん、このように一錠を分割するためには多少の手間が多少かかりますが、それだけコストを抑えることができるのは大きな魅力と言えるでしょう。
効果的な育毛のために、抜け毛防止の効果を持つプロスカーを上手に用いることができるでしょう。

関連記事